TAKING SIDES

 

It is easy to take sides, but if we truly want peace, it is necessary to see through the eyes of the other for that is when we realize how we could be in their position if born under those circumstances.

We think we are separate beings, but in reality, we are interconnected and no one thing can exist without the other.

Judgements placed on another, are in actuality, placed on oneself.

 
 

 

誰かの所為にするのは簡単。
でも、本当の意味で私達は平和を望んでいるのであれば、
相手の目で物事を見て、
そのとき初めて人の人生が見える。
そして、その瞬間、自分の人生も見える。

他人と思い、
人を切り離す私達ですが、
実際は存在するすべてがつながっている。
人は一人では生きていない。

人を批判しているつもりの私達は、
自分の批判している。